Specialized Solutions

Universal Micro NetworksはIT技術や知識・経験をベースとした様々なサービスを展開しています。

例えばIT裁判のサポート。なぜ、私たちが裁判のサポートをする必要があるのでしょうか?IT系の裁判の場合、そのほとんどがベンダー側とユーザー側とで争うことになります。ところが、ユーザー側はIT系の知識や経験が少ないことが多く、裁判で提出された証拠や証言に対して、客観的な反論をすることが難しいということが挙げられます。また、知識や経験が乏しいのはユーザー側の原告(or被告)だけでしょうか?残念ながら現在の日本では、弁護士はおろか、裁判官でさえ、IT系の知識や経験が乏しいと言えます。裁判所は通常ITや医療など、専門的な知識が必要な裁判においては、専門委員という原告・被告両者に影響のないスペシャリストを民間から選出しますが、残念ながら日本の長い裁判に出ていただける専門委員の方はほぼ現役を退かれたで、とても専門的な判断などできないと言っても過言ではないでしょう。このような状況では、例えば割と設計が雑でユーザーの期待した仕様通りにできていなくても見た目が動けば完成しているように見えるので、通常ベンダー側が非常に有利であると言えます。その状況を覆すためにも私たちは、お客様をお手伝いする必要があるのです。
なお、私たちが一番関心があるのは、真実です。なぜプロジェクトが失敗し裁判になってしまったか、いろいろな立場や考えがあるかと思いますが、そのなかから真実を見つけだし、相手に非がある場合はそれを裁判で意見し、お客様側にある場合は、今後似たようなことにならないためにはどうすればいいかということを助言させていただいております。

詳細は、以下の開発事例をご覧ください。

IT系裁判支援(基幹システム開発失敗における訴訟)

Posted by on 10月 18, 2012 in Specialized Solutions, Featured | 0 comments

IT系の裁判におていユーザー側の支援をさせていただいております。
本件はユーザー側(お客様側)が、要望したものができていないと主張し、ベンダー側が言われたとおりに完成させたと争う、IT業界ではありがちな状況の裁判です。(※通常は裁判になるまえに紛争を回避すべきであり、裁判へなることはまれであると認識しています。本件もベンダー側から裁判所へ財産仮差し押さえの手続きをとったために、裁判が始まりました。)

read more

新人研修講師

Posted by on 10月 18, 2012 in Specialized Solutions | 0 comments

Universal Micro Networksは新人研修をただ業務に必要最低限な業務を教えるということだけでなく、社会人として必要な態度やコミュニケーション能力などを身につけていただき、学生から社会人へとマインドシフトをすることを目的としています。

read more